メガソーラーにはメリットが盛り沢山|大自然の恩恵を拝借せよ

スーツの男性

大規模ソーラー発電とは

太陽光パネル

これまでの発電方法としては石油や石炭を燃やして二酸化炭素を排出する発電方法でした。その後自然エネルギーで発電する方法としてソーラー発電が取り入れられるようになって来ました。2011年の東日本大震災における原発事故を契機として将来的に原子力発電が見直され今後は廃炉に向かうことになりました。2012年からは発電した電力は一定の期間、固定価格で買取る制度も出来て需要が高まって来ています。出力1メガワット、つまり1000キロワット以上の発電能力を持つソーラーシステムはメガソーラーと呼ばれ、全国的にも広がりを見せています。個人住宅の屋根に取り付ける場合よりも広い面積を利用して行うので効率的かつ費用もかからないということで自治体や企業もこれに参加し、人気となっています。メガソーラーは今後大いに期待が持たれます。

個人住宅の場合は全国で中古の住戸は余剰状態にあり、少子高齢化や人口減少で今後新築住宅の屋根に取り付けられることについては余り期待が持てません。中古住宅の場合も足場を組んだり耐用年数の上からも取り付けの増加は余り見込めないと見られています。その点メガソーラーなら遊休土地や不耕作農地、工場跡地などの空き地などがあれば簡単に設置が出来ます。メリットとしては二酸化炭素を排出しないので地球温暖化対策にもなり、売電収入で安定した収入も見込めます。そして原発を始め風力発電やバイオマス発電に比較しても自然災害で被害を受ける割合も少ないと見られています。海外の石油に依存しなくても良いことになりますからLED照明などと共にメガソーラーはエネルギーの有効利用に繋がります。