メガソーラーにはメリットが盛り沢山|大自然の恩恵を拝借せよ

スーツの男性

電力をつくれる施設

一軒家

地球にやさしいシステム

メガソーラーの特徴は、出力が1000キロワット以上の、大規模な太陽光発電施設であることです。メガソーラーは、太陽の光を電気に変えるので、二酸化炭素を排出する火力発電に比べて、地球にやさしい次世代のエネルギーシステムだといわれています。メガソーラーは産業用にも使われ、屋根や遊休地などにソーラーパネルを並べて、太陽の光を集めて電気をつくります。メガソーラーのソーラーパネルの量は、数千枚以上になり、広い用地が必要となります。メガソーラーは、設備が整っていれば、あとはコストがかからずに電気をつくることができ、発電した電気を再生可能エネルギーとして、国に売ることも可能です。国の買取価格は、固定価格買い取り制度で決まっていて、長期的に安定した価格で販売ができます。

土地を有効活用できる

メガソーラーは、工場跡やゴルフ場跡など、使用する予定のなくなった遊休地を、有効的に活用することができる事業です。事故のリスクも少なく、少ないスタッフで管理することができ、長期的に利益を生める施設です。太陽光のない夜間には発電することができず、太陽の隠れている曇りの日や、雨の日にも発電量が小さくなります。弱い太陽光を取り込んで発電できる、新しい技術も開発されており、近い将来には曇りや雨の日にも発電できる量が多くなる可能性もあります。メガソーラーは、たくさんのソーラーパネルを使用していて、発電量を常に監視システムで見ることができます。どれか一つのパネルが故障した場合、パネルを特定するための、電力線通信を利用したシステムも開発されています。